ニュース

石川に全英ロード!ミズノOP出場も(ゴルフツアー、世界最年少優勝 石川遼君)

「石川に全英ロード!ミズノOP出場も(ゴルフツアー、世界最年少優勝 石川遼君)」という今日の記事より。(引用記事は、下部に掲載)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000015-spn-spo

 それにしても驚いた。15歳にしてプロゴルフツアーの試合で優勝してしまうとは・・・。
 ゴルフトーナメントと言えば4日間の一発勝負ということもあり、思わぬ伏兵(失礼ながら)が勝つことがたびたびある世界だが、それにしても15歳の少年(中学生)がまさか優勝することがあるとは思ってもみなかった。

 過去アマチュアで言えば、当時大学生(日大生)だった丸山茂樹プロを始め、多くのスーパー大学生たちが多くのプロトーナメントに出場していたが、ついぞ優勝することはなかった。

 そのような中、15歳の少年が優勝してしまうのだからすごいとしか言いようがない。

 ただ、今回の優勝については「たまたま」とか「偶然」といった報道も見受けられるが、全く力量のない選手が「運」だけ勝ったということではなく、全出場選手中3位のドライバー平均飛距離や、17番のチップインで見せたバンカーショットなど、相応の技術を有した上で、「運」などの後押しを得てつかんだものだろう。

「運」と言えば、この石川遼君、このトーナメントに出場するための予選会で落選してしまっていたそうなのだ。
 つまりは、当初はこのトーナメントに出場する予定ではなかったのだが、予選会でのベストアマということで、主催者推薦枠により急遽出場することになったのだそうな。

 よく肝心なタイミングでツキを得たり、活躍できる選手(長嶋茂雄氏、新庄剛志など)を「持っている」選手と称するが、まさしくこの石川遼君も「持っている」人なのだろう。

 トーナメントの優勝ということで、今後はプロ宣言をしてのツアー参加ということもできるのみならず、今回の活躍で各大会からのオファーも殺到することが予想されるが、ぜひ自身で言っているように「世界中で好かれる強い選手」への道を歩んでいってほしいものである。

[ニュース記事引用 ここから]
 男子プロゴルフツアーのマンシングウェアKSBカップを“世界最年少”の15歳245日で制した石川遼(杉並学院高1年)の次のターゲットは、全英オープン(7月19〜22日、英国カーヌスティーGL)だ!全英の日本予選会を兼ねるミズノオープンよみうりクラシック(6月21〜24日、兵庫・よみうりCC)に主催者推薦で出場する可能性が浮上。21日に試合が行われた岡山から帰京した石川は、22日に会見する。

 男子ゴルフ界待望のニュースターに熱い視線が注がれている。今回の優勝で、石川はプロ宣言すれば09年までのトーナメント出場の権利があるが、現時点ではプロ転向は見送る方針。今後プロの大会にはアマチュアとして主催者推薦で出場することになる。各トーナメントの主催者から推薦オファーが殺到することは間違いないが、ミズノオープンの関係者も「これから(推薦の)話が上がってくるかもしれません」とオファーの可能性を示唆した。

 同大会は石川にとっては大きな意味のある大会だ。ミズノオープンは今年からジュニアにも全英出場の夢を実現するチャンスを与えるため、ジュニアだけの予選会を実施。13日に行われた関東大会には、実は石川も参加していた。結果は33人中2位。出場権が与えられるのはトップの1人だけで、惜しくも出場権を逃していた。

 石川の今後の予定は白紙となっているが、ミズノオープンからのオファーとなれば、出場する可能性は十分ある。世界最古の全英オープンはゴルファーなら誰もがあこがれる大会。ミズノオープンの上位4選手に入れば出場できるだけに、道のりは厳しいが、挑戦する価値は十分にある。「目標はタイガー・ウッズ。世界中で好かれる強い選手になりたい」と夢を語る石川が、世界デビューする日はそう遠くない。
[ニュース記事引用 ここまで]

引用元:スポーツニッポン
引用URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000015-spn-spo

ニュース

桜庭飲む!吸う!勝つ!ホイス挑発に激怒

「桜庭飲む!吸う!勝つ!ホイス挑発に激怒」という今日の記事より。(引用記事は、下部に掲載)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000036-nks-fight

 桜庭和志が6月2日対戦予定のホイス・グレイシーに喫煙や飲酒を指摘されてブチ切れてしまったらしい。

 ホイス・グレイシーにしてみれば、耳にした桜庭の喫煙と飲酒を何気に絡めて挑発しただけなのだろうが、それに桜庭が見事に反応してしまったようだ。

 ただ、桜庭の喫煙や飲酒については、本人も言っているように20歳を過ぎているからいいのではないかとは思うが、喫煙については厳密に調べ上げれば桜庭の仕上がりにも若干の影響はあるのかもしれない。

 ただ今回の件については、桜庭自身もいくらかは喫煙と飲酒を気にしているのだろう。人間、気にしていないことを言われても気にはならないが、気にしていることを指摘されるとついムキに反応してしまうものだ。

 桜庭和志VSホイス・グレイシーといえば、7年ぶりの再戦となるが今回は、昨年末の対秋山成勲戦のような試合にならないでほしいものだ。

[ニュース記事引用 ここから]
 桜庭和志(37=フリー)が、大好きな酒とタバコの力で返り討ちする。「Dynamite!!USA」(6月2日=日本時間同3日、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム)で、ホイス・グレイシー(40=ブラジル)との7年ぶりの再戦を前に20日、都内で会見した。リベンジを目指すホイスから、数少ない息抜きの喫煙と飲酒をたしなめられたことに激怒。1カ月のブラジル合宿でスタミナには自信をつけただけに、マイペースを貫いての連勝を誓った。
 余計なお世話だ! 笑顔で話していた桜庭の表情が明らかに硬くなった。発端は10日のこと。米国で練習を公開したホイスが「酒を飲んだりタバコを吸ったり不摂生らしいな。ベストで来てもらわないと」と挑発した。これには桜庭も「20歳すぎてるんだから、いいじゃないか。そんなこと言われたかないよ」と珍しくむきになって返した。
 趣味はゲームくらいの桜庭にとって、喫煙と飲酒はリラックスできる最高のひととき。厳しい練習の後の一服と一杯。吸い過ぎ、飲み過ぎは良くないが、うまく付き合ってきたという自負もある。「吸って飲んでストレスを発散してるからね」。人の嗜好(しこう)品に口を挟むホイスに対して、いら立ちを隠せなかった。
 自信はある。4月22日から18日まで、ブラジルの名門ジム、シュートボクセで合宿を張ってきた。1日6時間の練習。3月のHERO’SでKOデビューしたアンドレ・ジダ(23)ら若手と、1時間ぶっ続けのスパーリングもこなした。若手とのハードなメニューで、7年前のホイス戦で90分間戦い抜いた時のスタミナを取り戻した。
 ブラジルから2日前に帰国したばかりだが、22日には早くも渡米する。久しぶりの一家団らんは、わずか3日だけ。7年ぶりの再戦で返り討ちするためにも、早めに現地に乗り込み万全の体調を整える。桜庭がホイスに勝って、タバコを吸って、酒を飲んでもベストで戦えることを証明する。【
[ニュース記事引用 ここまで]

引用元:日刊スポーツ
引用URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000036-nks-fight

ニュース

「LOST」、あと48話で終了予定

「「LOST」、あと48話で終了予定」という今日の記事より。(引用記事は、下部に掲載)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000002-flix-movi

 謎が謎を呼ぶ(古)ドラマとして有名な「LOST」だが、その放送があと48話で終了予定らしい。放送終了予定は、2010年ということだが、実際に見ている筆者の心境を流行の言葉で表すと、まさに「どんだけ〜!」という感じである。

 以前に製作者の「100話分くらいはネタがある」というコメントを聞いたことはあったが、本当にそれくらいやるとは思ってなかった。
 よくあんな島でのことを(将来は島から出るかもしれないが)100話も作れるものだと感心してしまう。

 今回の「残り48話」のコメントについては、「謎だらけのストーリーに視聴者離れが進んでしまっているのを食い止めようという狙い」と記事にあるが、まさしくそういう所だろう。

 確かに最初は「謎」や「知りたい」という欲求が好奇心を刺激し、グイグイと引き込まれていたのだが、これだけ延々と謎が続くとなんとなく疲れてくる。
 希望としては、「LOST」くらいのクォリティーの全50話あたりの作品をコンスタントに見たいところだが、それは贅沢な要求か。

 なにはとあれ、「おもしろい」ことには変わりないので、視聴率の低迷からストーリー上無理な形での打ち切りという最悪なパターンはぜひ避けつつ、ぜひ予定通り100話を放送してほしいものだ。

 ちなみに2010年になってこの「LOST」の存在に気づいた人はGWあたりに全話を見ることも可能なのか〜。と思うと、それはそれでなんとなく、うらやましい気はする。


[ニュース記事]
 人気ドラマ「LOST」が、残り48エピソードで終了する予定であることが発表された。人気がある限り番組を制作し続けるアメリカのテレビ局には珍しい行動だが、謎だらけのストーリーに視聴者離れが進んでしまっているのを食い止めようという狙いがあるようだ。今後は、1シーズン16エピソードを放送し、最終話は2010年に放送される予定。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000002-flix-movi
タグ:LOST

ニュース

日本、4−0で香港に快勝 1位通過で最終予選へ=U−22サッカー日本代表

日本、4−0で香港に快勝 1位通過で最終予選へ=U−22サッカー日本代表


「日本、4−0で香港に快勝 1位通過で最終予選へ=U−22サッカー日本代表」という今日の記事より。(引用記事は、下部に掲載)

 U-22日本代表が香港に4-0で快勝し、無事最終予選へとコマを進めることになった。

 この試合はテレビで見たいと思っていたのだが、どこでもやってなく残念だったが、無事勝ったとのことでよかった、よかったと一安心。

 点の取り方についても、FWの平山、李が得点し、本田がFKを決め、水野がダメ押しの4点目を決めるという、ある意味理想的だったのではないかと思う。

 そして、圧巻は本田のFKだった。ニュースで映像を見たが、まさに「えげつない」球だった。

 本来、本田が得意としている言わゆる「ブレ球」は無回転がゆえに、微妙に揺れながら飛んで行くのだが、昨日決めたFKは途中から飛球角度とは逆に曲がったのだ。

 分かりにくいかもしれないが、野球の球種で言うとシュートのような曲がり方をしていた。

 本来サッカーのキックでボールはまずそのような曲がり方はしないのだが、ボール、シューズ、ピッチが濡れていたせいか、偶然の産物か、本当に「えげつない」曲がり方をしていた。あれを見た人はサッカー関係者を含め、多いにインパクトを受けたのではないかと思う。

 ただ、試合後の反町監督のコメントを見る限りは手放しで賞賛とは程遠く、選手間の連携、プレーのアイデアなどいろいろと苦言を呈していた。得点した平山もハーフタイムにはカミナリを落とされたそうな。

 とは言っても、とりあえずは結果を出すことができたことで、指揮官を含めそれぞれが一安心できたのではないかと思う。


[ニュース記事]
 4大会連続の五輪出場を目指すU−22(22歳以下)サッカー日本代表は16日、アウエーで五輪アジア2次予選・第5戦の香港戦に臨み、4−0で快勝。B組1位通過で最終予選へ進むことが決定した。

 日本は前半7分、李のボレーシュートが決まり幸先よく先制に成功。ロスタイムにも平山のヘディングシュートが決まり、2点リードで前半を終えた。
 後半に入っても日本の勢いは衰えず、7分には本田圭が得意のFKから直接ゴールを奪うと、15分にも水野がダメ押しの追加点を挙げた。

 すでに最終予選進出を決めている日本は、この日の勝利でB組1位通過を確定した。2次予選の最終戦は6月6日に行われ、日本はホームでマレーシアと戦う。8月から始まる最終予選は12カ国が3組に分かれて戦い、各組の1位のみが北京五輪の出場権を獲得する。

<日本代表メンバー>
GK:12 西川周作
DF:2 細貝萌、3 青山直晃、5 伊野波雅彦(cap)
MF:8 本田圭佑→ 7 増田誓志(後半25分) 、10 梶山陽平、14 家長昭博、6 本田拓也、18 水野晃樹→ 13 菅沼実(後半20分)
FW:9 平山相太→ 11 カレン・ロバート(後半32分)、17 李忠成

サブ:1 山本海人、6 青山敏弘、19 一柳夢吾、15 上田康太

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000028-spnavi-socc

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。